色々な素材の特徴を理解!

加工素材の種類

工場

鉄の特徴

鉄は機強度を求める場合に使用されることが多いです。その方法として焼入れや焼き戻しをすることで強度が上がるのです。また安価なので材料の価格で選ぶ場合に人気です。

アルミ材の特徴

ジュース缶にも使用される身近な存在のアルミ材です。なんといっても削りやすいのが特徴で、小さいものを作る時に適した材料です。金属加工では上位に入る加工材料です。

ステンレスの特徴

サビにくいと言われるステンレス。主にシンクのような、水が常に当たっているところに使用されるケースが多いです。また、サビにも強いということで、キレイな状態が続くということが大きなメリットになります。

加工素材の人気ランキング

no.1

【加工しやすい】アルミ材

上記でも紹介したアルミ材。鉄よりも軽く、削りやすいのが特徴であり、人気な理由でもあります。幅の広い用途があり、金属加工業者に依頼する方に多い素材なので1位です。

no.2

【いつまでもきれい】ステンレス

ステンレス材が上位にくる理由としては、サビにくさが挙げられます。シンクなどの水回りに使用される事が多く、人気の素材なのです。材料の価格を他と比べても、真ん中の位置にいます。価格以上の力を発揮してくれるでしょう。

no.3

【耐久性バツグン】チタン合金

耐久性に優れているのがチタン合金です。また加工もしやすいので選ばれています。しかし摩擦や焼付きかじりなどを発生させることがあるので注意して下さい。

no.4

【価格の安さ】鉄素材

加工しやすく強度があるので人気です。また価格も抑えることもできるため選ばれますが、鉄は他のものにくらべ錆やすいため、防錆することで価格が高めになることがあります。

no.5

【サビにくい】ニッケル合金

耐食性に特化しているニッケル合金ですが。水や海水で使用する場合でも安心です。しかし、高温になると侵食されることがあるので、素材の特徴を理解しておいたほうがよいです。

広告募集中